Transcoding.iniカスタマイズ

動画の解像度を変える

動画の解像度を変える場合は少々面倒です。 同梱の設定ではQCIFとQVGAの設定を用意していますが、そのほかの解像度にしたい場合は次のようにします。

  1. ffmpegの-sオプションの値を変更する
  2. QT3GPPFlattenの-cオプションの値(ファイル名)を適当なものに変更する
  3. 実際の変換作業を一度試しに行ってみる
  4. すると、ffmpeg処理が終了後(QT3GPPFlatten起動時)に、QuickTimeの設定窓が出現QT3GPPFlattenの設定ファイルは、下のいずれかに当てはまる場合には別ファイルを指定/作成してください。
  • 出力形式(3GPP,3GPP2)が違う時
  • 出力動画の解像度が違う時
  • 音声のフォーマットが異なる時

[Item0] Title=sub-CIF標準画質15fpsモノラル Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 128x96 -r 15 -b 190 -acodec aac -ac 1 -ar 44100 -ab 48 -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3g2"" Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" -c QT3GP2_subCIF.ini" Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3g2""

上記の設定で一度3GP_Converterを起動し変換を行うと、設定ファイルQT3GP2_subCIF.iniが存在しないため、QuickTime書き出し設定の内容を確認するダイアログが表示されます。 http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/images/3GPPConv_02.gif ここで、ファイルフォーマットを必要なものに変更し、 http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/images/3GPPConv_03.gif 「ビデオ」「オーディオ」の出力を「そのまま」と設定し、必要であればそのほかの設定(配信制限設定など)を済ませてください。 http://www.nurs.or.jp/~calcium/3gpp/images/3GPPConv_04.gif ※なお、ここで「そのまま」以外の設定を行うことでさらに再エンコードすることもできますが、あまりオススメしません。また、音声のAMRやAACに関してはここで設定しても再エンコード出力はされません

最後に、[OK]をクリックすると、その設定で変換が始まります。(この設定内容は先ほどのファイル名にて記録されるため、このウインドウは2度目以降は表示されません)

QT3GPPFlattenを使用していない場合

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" -c QT3GP2_subCIF.ini"

以上の部分が無い場合は、Transcoding.iniの設定を書き換えるだけで大丈夫です。ただし、解像度をを奇数にするとエラーが起こりますので偶数にしてください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-20 (木) 01:45:47 (4281d)