NW-X1000

動画関連

なるべく基本に忠実に、高品質を追求した設定です。
後は好みで調節して頂ければと思います。

サムネイルを同時に生成します。
動画ファイルと同名にして、ウォークマン本体の同じフォルダにドラッグ&ドロップして下さい。

最新のFFmpegを使用します。ウェブサイト「お気に入りの動画を携帯で見よう」様より最新のFFmpegをダウンロードし、中の"ffmpeg.exe"を"ffmpeg_new.exe"にリネームして変換君のcoresフォルダに入れておいて下さい。
Nero AACコーデックを使用します。"neroAacEnc.exe"を変換君のcoresフォルダに入れておいて下さい。

By Mino

 [Info]
 Title=NW-X1000用
 
 [Item0]
 Title=アスペクト比4:3
 Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -threads 0 -f mp4 -vcodec libx264 -level 21 -coder 0 -pix_fmt yuv420p -s 320x240 -aspect 4:3 -b 4000k -bt 4000k -maxrate 0 -bufsize 0 -rc_init_occupancy 0.9 -crf 12 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -qcomp 0.6 -complexityblur 20 -qblur 0.5 -chromaoffset 0 -partitions parti4x4+partp8x8 -directpred 3 -me_method hex -me_range 16 -subq 6 -trellis 0 -r 30 -g 300 -keyint_min 30 -sc_threshold 40 -bf 0 -b_strategy 0 -bframebias 0 -refs 3 -deblockalpha 0 -deblockbeta 0 -i_qfactor 1.4 -flags loop -flags2 mbtree+bpyramid+wpred+mixed_refs -an "<%TemporaryFile%>_v.mp4""
 Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -f wav -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 "<%TemporaryFile%>.wav""
 Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_a.mp4""
 Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%TemporaryFile%>_v.mp4" -f mp4 -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>_a.mp4" -acodec copy "<%OutputFile%>.mp4""
 Command4=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -vcodec mjpeg -s 160x120 -aspect 4:3 -vframes 1 -ss 10 -qscale 1 -an "<%OutputFile%>.jpg""
 Command5="rm "<%TemporaryFile%>*.*""
 
 [Item1]
 Title=アスペクト比16:9
 Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -threads 0 -f mp4 -vcodec libx264 -level 21 -coder 0 -pix_fmt yuv420p -s 432x240 -aspect 16:9 -b 4000k -bt 4000k -maxrate 0 -bufsize 0 -rc_init_occupancy 0.9 -crf 12 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -qcomp 0.6 -complexityblur 20 -qblur 0.5 -chromaoffset 0 -partitions parti4x4+partp8x8 -directpred 3 -me_method hex -me_range 16 -subq 6 -trellis 0 -r 30 -g 300 -keyint_min 30 -sc_threshold 40 -bf 0 -b_strategy 0 -bframebias 0 -refs 3 -deblockalpha 0 -deblockbeta 0 -i_qfactor 1.4 -flags loop -flags2 mbtree+bpyramid+wpred+mixed_refs -an "<%TemporaryFile%>_v.mp4""
 Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -f wav -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 "<%TemporaryFile%>.wav""
 Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_a.mp4""
 Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%TemporaryFile%>_v.mp4" -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>_a.mp4" -acodec copy -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
 Command4=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -vcodec mjpeg -s 160x90 -aspect 16:9 -vframes 1 -ss 10 -qscale 1 -an "<%OutputFile%>.jpg""
 Command5="rm "<%TemporaryFile%>*.*""
 
 [Item2]
 Title=アスペクト比4:3→16:9
 Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -threads 0 -f mp4 -vcodec libx264 -level 21 -coder 0 -pix_fmt yuv420p -s 432x324 -croptop 42 -cropbottom 42 -aspect 16:9 -b 4000k -bt 4000k -maxrate 0 -bufsize 0 -rc_init_occupancy 0.9 -crf 12 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -qcomp 0.6 -complexityblur 20 -qblur 0.5 -chromaoffset 0 -partitions parti4x4+partp8x8 -directpred 3 -me_method hex -me_range 16 -subq 6 -trellis 0 -r 30 -g 300 -keyint_min 30 -sc_threshold 40 -bf 0 -b_strategy 0 -bframebias 0 -refs 3 -deblockalpha 0 -deblockbeta 0 -i_qfactor 1.4 -flags loop -flags2 mbtree+bpyramid+wpred+mixed_refs -an "<%TemporaryFile%>_v.mp4""
 Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -f wav -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 "<%TemporaryFile%>.wav""
 Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_a.mp4""
 Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%TemporaryFile%>_v.mp4" -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>_a.mp4" -acodec copy -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
 Command4=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -vcodec png -s 320x240 -croptop 30 -cropbottom 30 -aspect 16:9 -vframes 1 -ss 10 -an "<%TemporaryFile%>.png""
 Command5=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg_new" -y -i "<%TemporaryFile%>.png" -f image2 -vcodec mjpeg -s 160x90 -aspect 16:9 -vframes 1 -qscale 1 -an "<%OutputFile%>.jpg""
 Command6="rm "<%TemporaryFile%>*.*""

コメント欄

お名前:
  • >ねこさん 僕の実験結果からすると、flagsはデフォでは何も指定されていないようです(少なくともlibx264関係では)。 -- Mino? 2010-03-12 (金) 01:16:54
  • >先頭に+を書くとデフォルトに追加される な、なるほど!!!!!!111 めちゃくちゃスッキリしました とりあえず、しばらく頭の中を整理します。
    それにしてもよくご存知でしたね。やはり、ご自分でFFmpegのコードを確認されたのでしょうか? -- Mino? 2010-03-12 (金) 01:14:57
  • なんか重大な情報提供がされてますね。とりあえず、今やっと僕の方でも実験が終わったので雑談版で報告します。 -- Mino? 2010-03-12 (金) 01:00:47
  • すみません!flagsのデホォルト値です。 -- ねこ? 2010-03-11 (木) 23:43:42
  • flagsのは?知りたいです。。。 -- ねこ? 2010-03-11 (木) 23:07:48
  • flags2はそんな仕組みになっていたんですね。わかりやすい説明ありがとうございます。ちょっとお聞きしたいのですが、この情報はどこで手に入れたのでしょうか?結構な数のサイトを見たつもりですがこれについては全く記憶にありません。 -- うどん君? 2010-03-11 (木) 22:43:14
  • ↓-flags2はfastpskip+reservoirがデフォルト。例えば-flags2 mbtreeと書くとデフォルトが上書きされてmbtreeのみONになる。
    一方で-flags2 +mbtreeと先頭に+を書くとデフォルトに追加されるので-flags2 mbtree+fastpskip+reservoir相当になる。
    flags2の先頭の+の有無でfast p-skipのON/OFFが違う(+なしの場合でも後ろに 明示的に+fastpskipと書いていればまた別だが)ので
    Skip MBの割合が異なっていても別におかしくない。-- 2010-03-11 (木) 22:38:57
  • スキップMBの値が違うところを見ると、mbtreeの挙動が怪しいような気がしてきました。それによってPフレームに関係するrefsオプションに影響が及んでいることがわかります。Minoさん、私ではどんな設定で変換したのかわからないのでmbtreeの+の有無でこの値がどう変化するのかを調べてもらえますか? -- うどん君? 2010-03-11 (木) 22:14:46
  • 指定する数には関係ない。先頭に+があるとすでにセットされているデフォルト値に追加、先頭に+がないとデフォルト値を無視して指定した値で上書き。 -- 2010-03-11 (木) 21:59:03
  • 単品の場合は + 無しでもONで、複数の場合は先頭にも + を付ける。。。全て + を付ければOKって事みたい -- ねこ? 2010-03-11 (木) 20:37:42

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS