*W33SA/SA [#y4389e0b]

***動画関連 [#d1bd8ccd]

-下記の設定で1時間以上再生可能 (1.29GB、3時間まで確認済み)
--[Item*]
Title=EZムービー / 映像:Xvid 768kbps 29.97fps 音声:192kbps 48kHz Stereo
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -qmin 1 -qmax 31 -vcodec xvid -mbd 2 -4mv -trell -aic -fixaspect -s 320x240 -r 29.97 -b 768 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 96 -f 3g2 -muxvb 192 -muxab 64 "<%TemporaryFile%>_1.3g2""
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>_1.3g2" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2_QVGA_AAC.ini"
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_W21SA.ini""
Command3="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

-より撮影データに近づけるには
Camouflage_MOVIE_for_W21SA.iniの
「Item2=uuidenci<%UUID%>%00%00%00%00KDDI-SA%00W21SA%00%00%00SAMP4v2%00SAMUXv2%00」を
「Item2=uuidenci<%UUID%>%00%00%00%00KDDI-SA%00W33SA%00%00%00SAMP4v5%00SAMUXv5%00」に書き換える

 
-断片化しない場合は25分まで、断片化すれば無制限。
-VGAの動画も再生可能。VGAは15fps、QVGAは30fpsまで。
-H.263再生可能、H.264再生不可。
-VideoCodecにH.263を使うとfpsの制限が無くなる模様。 (240fpsまで確認済み)
-ビデオプレイヤーへ登録可能。 (リピート再生、ランダム再生可能)

***音声関連 [#l20cf01d]

-下記の設定で再生可能 (295MB、3時間30分まで確認済み)
--[Item*]
Title=着うた / 音声:192kbps 44.1kHz Stereo
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -bitexact -vn -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 96 -f 3g2 -muxab 64 "<%TemporaryFile%>_1.3g2""
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>_1.3g2" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2_QCIF_AAC.ini"
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_VOICE_for_W21SA.ini"
Command3="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
 
-より録音データに近づけるには
Camouflage_VOICE_for_W21SA.iniの
「Item2=uuidenci<%UUID%>%00%00%00%00KDDI-SA%00W21SA%00%00%00SAMP4v2%00ICRECORD」を
「Item2=uuidenci<%UUID%>%00%00%00%00KDDI-SA%00W33SA%00%00%00SAMP4v5%00ICRECORD」に書き換える。

-サンプリングレート32000Hzのみ再生不可。
-ミュージックプレイヤーへ登録可能。 (リピート再生、ランダム再生、BGM再生可能)

***着信音登録 [#e1ba5aae]

-下記の設定で512KBまで着信音登録が可能 (メール着信音登録はできません)
下記の設定で変換するとサンプリングレート32000Hzも再生可能になります。
--[Item*]
Title=mp4a....→mp4asamr / 映像:MPEG4 8kbps 1fps 音声:96kbps 32kHz Stereo
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -f image2 -loop -shortest -i "<%AppPath%>\cores\soundonly_%02d.jpg" -i "<%InputFile%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 176x144 -r 1 -b 8 -acodec aac -ac 2 -ar 32000 -ab 48 -f 3g2 -muxab 64 "<%TemporaryFile%>_1.3g2"" 
Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>_1.3g2" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" -c QT_3GPP2_QCIF_AAC.ini"
Command2=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_MOVIE_for_W21SA.ini""
Command3=""<%AppPath%>\cores\samr_w32sa" "<%OutputFile%>.3g2""
Command4="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

-[[samr_w32sa:http://www.wa.commufa.jp/~esyu/]]を"cores"に入れる。
-[[W31SA]]、[[W32SA]]、W33SA/SA兇播佻寝椎宗
----
--[Item*]
Title=MP4Box / 映像:MPEG4 8kbps 1fps 音声:96kbps 32kHz Stereo
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -f image2 -loop -shortest -i "<%AppPath%>\cores\soundonly_%02d.jpg" -i "<%InputFile%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 176x144 -r 1 -b 8 -acodec aac -ac 2 -ar 32000 -ab 48 -f 3g2 -muxab 64 "<%TemporaryFile%>_1.3g2"" 
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -t 1 -y -i "<%InputFile%>" -bitexact -vn -acodec amr_nb -ac 1 -ar 8000 -vol 0 -ab 12 "<%TemporaryFile%>_1.mp4""
Command2=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>_1.mp4" -3gp "<%TemporaryFile%>_1.3g2""
Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_1.3g2" "<%OutputFile%>.3g2" "Camouflage_copy.ini""
Command4="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""

-[[MP4Box (Ver 0.4.1以降):http://www.videohelp.com/tools?tool=mp4box]] & [[Camouflage_copy.ini:http://www.wa.commufa.jp/~esyu/]]を"cores"に入れる。
-A55**T、W**T、[[W31SA]]、[[W32SA]]、W33SA/SA供[[W43SA]]で登録可能。

***HE-AAC [#kf00e147]

-&color(#ff0000){ボイスフォルダ};にデータを入れることにより[[HE-AAC]]が再生可能になります。(&color(#00ffff){SBR};の部分を含む。)
通常のサウンドフォルダに入れると&color(#00ffff){SBR};の部分を再生しませんので絶対に入れないでください。

-方法
1. [[HE-AAC]]の[[変換する前の準備:http://www.nurs.or.jp/~calcium/wiki/index.php?HE-AAC#yc1497cc]]を終わらせる。
2. [[Transcoding_HE-AAC_au_TEST.ini:http://www.nurs.or.jp/~calcium/wiki/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=Transcoding_HE-AAC_au_TEST.ini&refer=W33SA%2FSA%AD%B6]]を使って変換する。
3. 変換後のファイルを&color(#ff0000){ボイスフォルダ};にコピーすること。サウンドフォルダにコピーしても&color(#00ffff){SBR};の部分は読んでくれません。

-&color(#ff0000){ボイスフォルダ};
SDカード :\PRIVATE\AU\DF\D_VA\ に VAL_****.3g2 の名前でコピーする。
(****は任意の数字)
--例:SD:\PRIVATE\AU\DF\D_VA\VAL_0000.3g2

***QuickTime [#kde39fa9]

-QuickTimeのバージョンが7以降だと、15秒までしか再生されない、途中で止まるなど、さまざまな不具合が発生するようです。
[[A5505SA]]、[[W21SA]]も同じようです。
不具合が発生する場合は、[[QuickTime 6.5.2:http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/quicktime652forwindows.html]]をインストールしてください。

***その他 [#za21b3b8]

-PCフォルダからじゃ本体にしか転送できないよ!と言う人は[[偽装着うた関連ツール:http://homepage2.nifty.com/ONTHEROAD/tools/]]を使って転送すればOK。

-ミュージックプレイヤーのプレイリストへの登録が面倒なんだけど。と言う人は
ミュージックプレイヤー → 一覧 → miniSD → サウンド から再生させると サウンド 内のデータがすべて再生されるから便利かも。
もちろん データフォルダ の サウンド もOK。

-少しまとめ
完璧に再生できた設定 (使用miniSD : SanDisk 1&2GB)
 映像 : Xvid   640x480 4096kbps 15fps 音声 : 512kbps 48kHz Stereo
 映像 : Xvid   320x240 4096kbps 30fps 音声 : 512kbps 48kHz Stereo
 映像 : H.263 176x144 768kbps 240fps 音声 :  96kbps 48kHz Mono
注意 : 液晶を反転させたまま再生するとコマ落ちします。

***コメント欄 [#ye634c40]

#pcomment(below)



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS