Transcoding.iniカスタマイズ

動画の上下にレターボックスを付加する

  • ソース映像がシネスコサイズなどの横長画像で上下に黒い帯を付加することができます。そういった動画をソースとする際は ffmpegの -padtop, -padbottomオプションを使います。単位はピクセル(入力動画の解像度で)で偶数限定です。

例では、上下に30ピクセルずつの領域を付加し320x(180+30+30)=320x240の映像、プレビュー用THMは上16ピクセル下14ピクセルを付加して160x(90+16+14)=160x120の画像にしています。他の設定にする場合はこれを参考に自分で設定を作ってみてください。

※注意:-padtop, -padbottomオプションは -s オプションでの出力サイズ指定前に挿れるのと、後に挿れるのでは動作が違うので注意(変換結果の画質に影響が出る可能性あり)

  • -s オプションの後に挿れる:入力動画を -sオプションでの指定サイズにリサイズしてから、-pad系オプションでの指定サイズ分付加。

[Item0] Title=QVGA/29.97fps/768kbpsMP4 STEREO/128kbps LB Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -vcodec mpeg4 -s 320x180 -padtop 30 -padbottom 30 -r 29.97 -b 768 -acodec aac -ac 2 -ar 24000 -ab 64 -f psp "<%OutputFile%>.MP4"" Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -f image2 -ss 5 -vframes 1 -s 160x90 -padtop 16 -padbottom 14 -an "<%OutputFile%>.THM""


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-20 (木) 01:45:48 (4937d)