メインオプション

FFMPEG USAGE

-L
ライセンスを表示
-h
ヘルプを表示
-version
バージョンを表示
-formats
利用可能なフォーマット、コーデック、プロトコルを表示 fileformat.txt
-f <fmt>
強制的にfmtで指定したフォーマットを適用する
-img <img_fmt>
強制的にimg_fmtで指定したイメージフォーマットを適用する
-i <filename>
インプットファイル名を指定する
-y
同名ファイルがあった場合アウトプットファイルを上書きする
-t <duration>
変換する時間(長さ)を指定する(hh:mm:ss.ms 又は、s)
-fs <limit_size>
ファイルサイズを制限する
-ss <time_off>
変換開始時間をセットする(hh:mm:ss.ms 又は、s)
-itsoffset <time_off>
インプットファイルのオフセットを指定する(±hh:mm:ss.ms 又は、±s)
-title <string>
タイトルをセットする
-timestamp <time>
タイムスタンプをセットする
-author <string>
著作者名
-copyright <string>
著作権表示
-comment <string>
コメント
-v <verbose>
出力されるログがとても詳細になる? (FFmpeg Documentationにはこのオプションがないような…) このオプションを追加すると処理状況のパーセンテージの表示が止まることがあります。 (処理はちゃんと続いています。)
-target <type>
ターゲットのファイルタイプを指定 ("vcd", "svcd", "dvd", "dv", "pal-vcd", "ntsc-svcd", ...)
-dframes <number>
変換するフレーム数を指定する
-hq
ハイクオリティセッティングを有効にする

高度なオプション

-map <file:stream>
set input stream mapping (直訳:入力ストリームマッピングをセット)
-map_meta_data <outfile:infile>
set meta data information of outfile from infile (直訳:入力Fileから出力Fileへメタ情報をセット)
-debug
print specific debug info (直訳:正確なデバッグ情報を出力)
-vismv
motion vector を視覚化する(デバッグ用)
  • 1:visualize forward predicted MVs of P frames
    2:visualize forward predicted MVs of B frames
    4:visualize backward predicted MVs of B frames
  • 使用しません
-benchmark
add timings for benchmarking (直訳:ベンチマーク用にタイミングを付加する)
-dump
dump each input packet (直訳:各入力パケットをダンプ)
-hex
when dumping packets, also dump the payload (直訳:パケットのダンプ時にペイロードもダンプ)
  • (ペイロード:パケットからヘッダ部分を除いた、データ本体の事を指す)
-bitexact
only use bit exact algorithms (for codec testing)
-re
read input at native frame rate
-loop
loop (current only works with images)
-threads <count>
thread count(Core 2 DuoやHT対応Pentium4などマルチスレッドに対応したCPUでH264エンコードする時に効率が上がります)
変換君付属のffmpegでは効果無しとの報告も有り。画質が落ちるとの報告も。
-vsync <int>
ビデオ同期方法(引数:整数。これを使ってるのみたことない)
-async <int>
オーディオ同期方法(引数: 整数)。タイムスタンプに合わせて音声ストリームを"伸長/圧縮"し、パラメーターは音声を変更するときに用いられる秒間最大サンプル数。-async 1 は音声ストリームの開始のみを補正し以後補正しないという特殊な場合。
-copyts
入力されたファイルのタイムスタンプをそのまま出力します。
-shortest
finish encoding within shortest input
-ps <size>
パケットのサイズをbit単位で指定する。
-error <rate>
指定したパケット毎にエラーを発生させる(通常は使用しません)
-muxrate <rate>
set mux rate
-packetsize <size>
パケットのサイズを指定する(mux)
-muxdelay <seconds>
set the maximum demux-decode delay
-muxpreload <seconds>
set the initial demux-decode delay
-muxab <bitrate>
mux tag にあるオーディオのビットレート値を書き換える (in kbit/s) 機種によっては(PSPなど)このオプションによってエラーを回避できるかも知れません。
-muxvb <bitrate>
mux tag にあるビデオのビットレート値を書き換える(in kbit/s) 機種によっては(PSPなど)このオプションによってエラーを回避できるかも知れません。

FFMPEG USAGE


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-15 (火) 06:15:53 (3416d)