SH-06A SH-07A

仕様

  • 864x480の解像度に収まるmp4ファイルが再生可能 (推奨解像度は854x480)
  • 再生時に動画のクロップは無し
    • 額縁動画を再生させると超額縁になる
    • 16:9よりもワイドな動画なら「必ず」上下に黒帯が発生する
    • 縦長も同様に左右に黒帯が発生

ファイルの転送先

SH-01Aから追加された機能「microSD一括振分け」を使うと従来より簡単です。

  • microSDカード PRIVATE\SHARP\IMPORT\ に ファイルそのままコピーする。
    例:SD\PRIVATE\SHARP\IMPORT\日本語.MP4
    ファイル名は日本語でもかまいません。
  • 「LifeKit」→「microSD」→「microSD一括振分け」を実行すると、
    拡張子を除いたファイル名をタイトル名としてデータBOXに移動してくれます。
    • 注意
      2GBを超えるものは自動振り分け出来ません。 (そのファイルだけIMPORTフォルダに残る)
      長すぎる名前は途中でカットされるので、適度な長さに調節してから転送すべきです。
      動画以外にも、画像やテキストファイルも一括で振り分ける事が出来ます。
      ただし、ミュージックプレーヤーで再生させるファイルはWMP経由で転送しなければなりません。

FFmpeg (rev.18607) 用設定

rev.18607以降のffmpegはAACのエンコードが出来ません。
それ以降のバージョンにはページ最下部にある最新版用の設定を使用してください。

下準備
 ffmpeg rev.18607を入手
 入手した「ffmpeg.exe」を「ffmpeg2.exe」にリネームして「cores」フォルダに入れてください。

固定品質ベース(可変ビットレート)設定です。
再生可能なギリギリのクォリティなので、適宜値を調整する事をオススメします。
また、フレームレート、サンプリングレートはソースのものを引用する設定です。
任意のフレームレートに指定する場合は 「-re」のオプションを削除し、「-r」オプションを追加、指定してください。
サンプリングレートは「-ar」のオプションを追加すれば任意のものに指定できます。
 例: 「-ar 48000」で48kHz

  • 16:9用
    [Item*]
    Title=16:9 854x480/H264/CRF 10/AAC/AQ 450
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg2" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 854x480 -aspect 16:9 -re -crf 10 -acodec libfaac -ac 2 -aq 500 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

  • 4:3用
    [Item*]
    Title=4:3 640x480/H264/CRF 10/AAC/AQ 450
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg2" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 640x480 -aspect 16:9 -re -crf 10 -acodec libfaac -ac 2 -aq 450 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

  • 4:3の動画から上下をカットして16:9に変換(クロップ)
    [Item*]
    Title=4:3⇒16:9 854x480/CRF 10/AQ 450
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 960x720 -croptop 90 -cropbottom 90 -re -crf 1 -acodec libfaac -ac 2 -aq 450 -f mp4 "<%TemporaryFile%>_.mp4""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>_.mp4" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 4 -flags bitexact -s 854x480 -aspect 16:9 -re -crf 10 -acodec copy -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
    Command2="rm "<%TemporaryFile%>_.mp4""

  • SH-01A,03A,04Aでは 「718x404/CRF 10/AQ 500」 が安定して再生できます。

  • 「-threads」 スレッド数 シングルコアCPUには不要なオプション 必ずCPUに合った値を指定するように
  • 「-crf」 (1〜50) 値が小さいほど高画質
  • 「-aq」 (10〜500、10きざみ)値が大きいほど高音質
  • 「-re」 ソースと同一のフレームレート

最新版 FFmpeg 用設定

最新版のFFmpegはAACのエンコードが出来ないので、音声部分をNeroで処理します。

下準備
 最新版のFFmpegを入手(AACエンコ対応版では不可)
 入手した「ffmpeg.exe」を「ffmpeg3.exe」にリネームして「cores」フォルダに入れる
 http://www.nero.com/jpn/technologies-aac-codec.htmlからNeroAACコーデックを入手
 解凍して出てくる「win32」フォルダ内にある三つのexeファイルを「cores」フォルダに入れる


  • 16:9用
    [Item*]
    Title=16:9 854x480/CRF 10/Nero 320kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -lc -br 320000 -of "<%TemporaryFile%>.aac"
    Command2=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>.aac" -acodec copy -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 854x480 -aspect 16:9 -re -crf 10 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
    Command3="rm "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command4="rm "<%TemporaryFile%>.aac""

  • 4:3用
    [Item*]
    Title=4:3 640x480/CRF 10/Nero 320kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -lc -br 320000 -of "<%TemporaryFile%>.aac"
    Command2=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>.aac" -acodec copy -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 640x480 -aspect 4:3 -re -crf 10 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
    Command3="rm "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command4="rm "<%TemporaryFile%>.aac""

  • 4:3の動画から上下をカットして16:9に変換(クロップ)
    [Item*]
    Title=4:3⇒16:9 854x480/CRF 10/Nero 320kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -lc -br 320000 -of "<%TemporaryFile%>.aac"
    Command2=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>.aac" -acodec copy -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 960x720 -croptop 90 -cropbottom 90 -re -crf 1 -f mp4 "<%TemporaryFile%>_.mp4""
    Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>_.mp4" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 854x480 -aspect 16:9 -re -crf 10 -acodec copy -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
    Command4="rm "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command5="rm "<%TemporaryFile%>.aac""
    Command6="rm "<%TemporaryFile%>_.mp4""


コメント欄

お名前:
  • threadsの値0にしたけど、コア100%使いきってくれない。 -- 2010-09-22 (水) 10:04:46
  • 普通に854×480や704×396でいいと思うけど。なんでわざわざHVGAWに解像度落とすの? -- 2010-07-10 (土) 09:16:48
  • ↓黒帯なしはPC上ではなく、携帯で見た限りの話。 -- SH-08A? 2010-04-12 (月) 07:05:35
  • 640X368(作成時は640X360に設定するがこの大きさになる)で上下左右に黒帯なしの動画になる。mp4形式。 -- SH-08A? 2010-04-12 (月) 07:03:29
  • 640X368(作成時は640X360in) -- SH-08A? 2010-04-12 (月) 07:01:17
  • と思ってたら既になってましたね…ここの設定で。 -- 2010-03-30 (火) 21:13:46
    • threadsの値を0にすれば100%使いきれる。ただし最新のPCでもかなり重くなることを覚悟して。 -- 2010-03-30 (火) 21:10:01
  • 最新のffmpegでもCPU使用率を100%にする方法ってあります?E8400使ってるけど、両コアとも40〜50%程度しか使ってくれない -- 2010-01-26 (火) 23:59:57
  • 864×480だと黒帯が発生します(ベールビューにするとわずかだが見える)854のほうがいいですよね? -- 2009-12-27 (日) 17:59:35
  • レベル低いな -- 2009-11-21 (土) 20:43:25
  • レート弄ればいい話をわざわざ報告しなくていいよ -- 2009-10-13 (火) 21:29:18

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-09-09 (水) 18:33:04 (3746d)