D905i/NewFFmpeg

注意事項
-PC環境によって再生出来ない又はゴミファイルが作成される可能性があります。
-自己責任で使って下さい。
  • 最新FFmpegはr-11050以外にあべちん氏ver , Unofficial , Celtic Druid , MediaCoderからも入手可能です。
  • PC環境に合ったものをお探し下さい。

動画関連 1 / 最新FFmpeg用 / QuickTime不要

H.264 + FAAC

  • [Item*]
    Title=[動画]H.264-2pass QVGA(320x240) / 映像:768kbps 29.97fps 音声:192kbps 48kHz St(FAAC)
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 1 -passlogfile "x264_2pass" -qmin 2 -qmax 40 -vcodec libx264 -nr 300 -coder vlc -level 13 -qcomp 0.7 -mbd simple -me_method hex -me_range 16 -refs 1 -subq 5 -qns 3 -qdiff 4 -sc_threshold 40 -keyint_min 30 -bufsize 512k -flags bitexact+qpel+trell+alt+mv4+loop -flags2 mixed_refs -g 300 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -an -f 3gp "<%TemporaryFile%>_1.3gp""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 2 -passlogfile "x264_2pass" -qmin 2 -qmax 40 -vcodec libx264 -nr 300 -coder vlc -level 13 -qcomp 0.7 -mbd rd -me_method umh -me_range 32 -refs 3 -subq 7 -qns 3 -qdiff 6 -sc_threshold 40 -keyint_min 30 -bufsize 512k -flags bitexact+qpel+trell+alt+mv4+loop -flags2 mixed_refs -g 300 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -acodec libfaac -profile aac_low -vol 256 -ac 2 -ar 48000 -ab 192k -f 3gp "<%TemporaryFile%>_1.3gp""
    Command2=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>_1.3gp" -new "<%OutputFile%>.3gp""
    Command3=""<%AppPath%>\cores\x264_del.bat""
    Command4="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
  • FFmpegは最新の r-11050 を使って下さい。 変換君同梱FFmpegと差し替える。
  • x264_del.batを\cores\フォルダに入れて下さい。
  • MP4Box_20070505(安定版)を\cores\フォルダに入れて下さい。
  • 最後に着もとに通せばOKです。
  • ※ サイズ&映像ビットレート&音声ビットレートはコンテンツ仕様一覧を参考に。
  • QT3GPPFlattenを使わないのでQuickTimeは必要ありません。
  • 640x480まで。320x240以外(640x360,640x480等)はワイド表示が適用できなくなり320x240表示に縮小される。

XviD + FAAC

  • [Item*]
    Title=[動画]XviD-2pass QVGA(320x240) / 映像:768kbps 29.97fps 音声:192kbps 48kHz St(FAAC)
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 1 -passlogfile "XviD_2pass" -qmin 2 -qmax 31 -vcodec libxvid -vtag mp4v -lumi_mask 1.0 -mbd rd -me_method umh -qns 3 -bufsize 512k -flags bitexact+mv4+trell+aic+umv+obmc+alt+part+naq+cbp+qprd+aiv -g 250 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -an -f 3gp "<%TemporaryFile%>_1.3gp""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 2 -passlogfile "XviD_2pass" -qmin 2 -qmax 31 -vcodec libxvid -vtag mp4v -lumi_mask 1.0 -mbd rd -me_method umh -qns 3 -bufsize 512k -flags bitexact+mv4+trell+aic+umv+obmc+alt+part+naq+cbp+qprd+aiv -g 250 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -acodec libfaac -profile aac_low -vol 256 -ac 2 -ar 48000 -ab 192k -f 3gp "<%TemporaryFile%>_1.3gp""
    Command2=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>_1.3gp" -new "<%OutputFile%>.3gp""
    Command3=""<%AppPath%>\cores\XviD_del.bat""
    Command4="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
  • FFmpegは最新の r-11050 を使って下さい。 変換君同梱FFmpegと差し替える。
  • XviD_del.batを\cores\フォルダに入れて下さい。
  • MP4Box_20070505(安定版)を\cores\フォルダに入れて下さい。
  • 最後に着もとに通せばOKです。
  • ※ サイズ&映像ビットレート&音声ビットレートはコンテンツ仕様一覧を参考に。
  • QT3GPPFlattenを使わないのでQuickTimeは必要ありません。
  • 640x480まで。320x240以外(320x180,640x360,640x480等)はワイド表示が適用できなくなり320x240表示に縮小される。

動画関連 2 / 最新FFmpeg用 / QuickTime不要

H.264 + NeroDigitalAudio

  • [Item*]
    Title=[動画]H.264-2pass QVGA(320x240) / 映像:768kbps 29.97fps 音声:192kbps 44.1kHz St(Nero)
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 1 -passlogfile "x264_2pass" -qmin 2 -qmax 40 -vcodec libx264 -nr 300 -coder vlc -level 13 -qcomp 0.7 -mbd simple -me_method hex -me_range 16 -refs 1 -subq 5 -qns 3 -qdiff 4 -sc_threshold 40 -keyint_min 30 -bufsize 512k -flags bitexact+qpel+trell+alt+mv4+loop -flags2 mixed_refs -g 300 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -an -f mp4 "<%TemporaryFile%>_1.mp4""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 2 -passlogfile "x264_2pass" -qmin 2 -qmax 40 -vcodec libx264 -nr 300 -coder vlc -level 13 -qcomp 0.7 -mbd rd -me_method umh -me_range 32 -refs 3 -subq 7 -qns 3 -qdiff 6 -sc_threshold 40 -keyint_min 30 -bufsize 512k -flags bitexact+qpel+trell+alt+mv4+loop -flags2 mixed_refs -g 300 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -an -f mp4 "<%TemporaryFile%>_1.mp4""
    Command2=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -acodec pcm_s16le -ar 44100 -ac 2 -vn -f wav "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command3=""<%AppPath%>\cores\Nero\neroAacEnc" -cbr 192000 -lc -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_2.mp4""
    Command4=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>_1.mp4" -add "<%TemporaryFile%>_2.mp4" -new "<%OutputFile%>.3gp""
    Command5=""<%AppPath%>\cores\x264_del.bat""
    Command6="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
  • FFmpegは最新の r-11050 を使って下さい。 変換君同梱FFmpegと差し替える。
  • x264_del.batを\cores\フォルダに入れて下さい。
  • MP4Box_20070505(安定版)を\cores\フォルダに入れて下さい。
  • HE-AACを参考にNeroを導入。 -ar 44100 -ac 2-cbr 192000 -lc 調整可能。
  • 最後に着もとに通せばOKです。
  • ※ サイズ&映像ビットレート&音声ビットレートはコンテンツ仕様一覧を参考に。
  • QT3GPPFlattenを使わないのでQuickTimeは必要ありません。
  • 640x480まで。320x240以外(640x360,640x480等)はワイド表示が適用できなくなり320x240表示に縮小される。

XviD + NeroDigitalAudio

  • [Item*]
    Title=[動画]XviD-2pass QVGA(320x240) / 映像:768kbps 29.97fps 音声:192kbps 44.1kHz St(Nero)
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 1 -passlogfile "XviD_2pass" -qmin 2 -qmax 31 -vcodec libxvid -vtag mp4v -lumi_mask 1.0 -mbd rd -me_method umh -qns 3 -bufsize 512k -flags bitexact+mv4+trell+aic+umv+obmc+alt+part+naq+cbp+qprd+aiv -g 250 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -an -f mp4 "<%TemporaryFile%>_1.mp4""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -pass 2 -passlogfile "XviD_2pass" -qmin 2 -qmax 31 -vcodec libxvid -vtag mp4v -lumi_mask 1.0 -mbd rd -me_method umh -qns 3 -bufsize 512k -flags bitexact+mv4+trell+aic+umv+obmc+alt+part+naq+cbp+qprd+aiv -g 250 -s 320x240 -r 29.970030 -b 768k -an -f mp4 "<%TemporaryFile%>_1.mp4""
    Command2=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -acodec pcm_s16le -ar 44100 -ac 2 -vn -f wav "<%TemporaryFile%>.wav""
    Command3=""<%AppPath%>\cores\Nero\neroAacEnc" -cbr 192000 -lc -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_2.mp4""
    Command4=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>_1.mp4" -add "<%TemporaryFile%>_2.mp4" -new "<%OutputFile%>.3gp""
    Command5=""<%AppPath%>\cores\x264_del.bat""
    Command6="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
  • FFmpegは最新の r-11050 を使って下さい。 変換君同梱FFmpegと差し替える。
  • XviD_del.batを\cores\フォルダに入れて下さい。
  • MP4Box_20070505(安定版)を\cores\フォルダに入れて下さい。
  • HE-AACを参考にNeroを導入。 -ar 44100 -ac 2-cbr 192000 -lc 調整可能。
  • 最後に着もとに通せばOKです。
  • ※ サイズ&映像ビットレート&音声ビットレートはコンテンツ仕様一覧を参考に。
  • QT3GPPFlattenを使わないのでQuickTimeは必要ありません。
  • 640x480まで。320x240以外(320x180,640x360,640x480等)はワイド表示が適用できなくなり320x240表示に縮小される。

音声関連(着うた) / 最新FFmpeg用 / QuickTime不要

  • 下記の設定で再生可能
    • [Item*]
      Title=LC-AAC / 音声:192kbps 44.1kHz Stereo
      Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -acodec libfaac -profile aac_low -vol 256 -ac 2 -ar 44100 -ab 192k -f 3gp "<%TemporaryFile%>_1.3gp""
      Command1=""<%AppPath%>\cores\MP4Box" -add "<%TemporaryFile%>_1.3gp" -new "<%OutputFile%>.3gp""
      Command2="cmd /c "del "<%TemporaryFile%>*.*"""
  • FFmpegは最新の r-11050 を使って下さい。 変換君同梱FFmpegと差し替える。
  • MP4Box_20070505(安定版)を\cores\フォルダに入れて下さい。
  • 最後に着もとに通せばOKです。
  • QT3GPPFlattenを使わないのでQuickTimeは必要ありません。
  • サンプリングレート制限なし。
  • HE-AACの再生も可能。
  • 10MB以下のファイルはWeb経由で着信音、メール着信音などに登録可能になります。

その他

  • 使用可能microSDは2GBまで。(相性の良いSanDisk製がオススメ)
  • microSDカード \SD_VIDEO\PRL001\ に MOL***.3GP の名前でコピーする (***は任意の数字)
    • 例:\SD_VIDEO\PRL001\MOL001.3gp

おまけ

  • FFmpegの Version , Help , Format を確認出来ます。
  • ffmpeg-Help.bat をffmpeg本体と同じ所に置き、バッチをWクリック。
  • ffmpeg本体と同じ所に ffmpeg-Ver_Help_Formats.txt が保存されます。

Vistaについて

  • ※ MP4BoxがVistaに対応してないので、一応XP専用です。
  • ※ Vistaの方へ : ダメもとでMP4Box v0.4.5 dev(dev=beta版)を試して下さい。使えたらラッキーだね。
  • ※MP4Box_20070505(安定版)が Vista/sp2 で使えます。。。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 (月) 13:25:46 (3575d)