SH-04A

ファイルの転送先

SH-01Aから追加された機能「microSD一括振分け」を使うと従来より簡単です。

  • microSDカード PRIVATE\SHARP\IMPORT\ に ファイルそのままコピーする。
    例:SD\PRIVATE\SHARP\IMPORT\日本語.MP4
    ファイル名は日本語でもかまいません。
  • 「LifeKit」→「microSD」→「microSD一括振分け」を実行すると、
    拡張子を除いたファイル名をタイトル名としてデータBOXに移動してくれます。
    • 注意
      2GBを超えるものは自動振り分け出来ません。 (そのファイルだけIMPORTフォルダに残る)
      長すぎる名前は途中でカットされるので、適度な長さに調節してから転送すべきです。
      動画以外にも、画像やテキストファイルも一括で振り分ける事が出来ます。
      ただし、ミュージックプレーヤーで再生させるファイルはWMP経由で転送しなければなりません。

ffmpeg最新版のメタデータオプションの変更


"-title"、"-author"、"-copyright"、"-comment"、"-genre"、"-album"が削除されて"-metadata x=y"の形に統合されました。ffmpegの最新版を使う場合は気をつけてください。
http://lists.mplayerhq.hu/pipermail/ffmpeg-cvslog/2009-March/020804.html

このページの設定で動作するffmpegをみつけましたので報告です。


あべちんさんのページからDLして下さい。
http://blog.k-tai-douga.com/category/359294-4.html

FFmpeg rev.16905で動作します。
これでも動作しない設定があるようです。

FFmpeg (rev.18607)向け設定

rev.18607以降のffmpegはAACのエンコードが出来ません。
それ以降のバージョンには次の項目の設定を使用してください。

下準備
 ffmpeg rev.18607を入手(このページ上部のリンク)
 入手した「ffmpeg.exe」を「ffmpeg2.exe」にリネームして「cores」フォルダに入れてください。(これで旧版と共存できる)

品質ベース(可変ビットレート)なので、無駄な容量肥大を防げます。
また、フレームレート、サンプリングレートはソースのものを引用する設定です。
任意のフレームレートに指定する場合は 「-re」のオプションを削除し、「-r」オプションを追加、指定してください。
サンプリングレートは「-ar」のオプションを追加すれば任意のものに指定できます。
 例: 「-ar 48000」で48kHz


再生可能なギリギリのクォリティなのでかなり容量を食う上に、2GB以上のファイルは自動振り分け出来ません。
なので、長編の動画を変換する場合にはCRFの値を増やすか、AQの値を下げることをオススメします。

  • 16:9用
    [Item*]
    Title=16:9 718x404/CRF 10/AQ 400
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg2" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 718x404 -aspect 16:9 -re -crf 10 -acodec libfaac -ac 2 -aq 400 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

  • 4:3用
    [Item*]
    Title=4:3 640x480/CRF 10/AQ 400
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg2" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 640x480 -re -crf 10 -acodec libfaac -ac 2 -aq 400 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

  • 4:3の動画から上下をカットして16:9に変換(クロップ)
    [Item*]
    Title=4:3⇒16:9 718x404/CRF 10/AQ 400
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 0 -flags bitexact -s 960x720 -croptop 90 -cropbottom 90 -re -crf 1 -acodec libfaac -ac 2 -aq 400 -f mp4 "<%TemporaryFile%>_.mp4""
    Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>_.mp4" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -threads 4 -flags bitexact -s 718x404 -aspect 16:9 -re -crf 10 -acodec copy -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""
    Command2="rm "<%TemporaryFile%>_.mp4""

  • 「-threads」 スレッド数 シングルコアCPUには不要なオプション 必ずCPUに合った値を指定するように
  • 「-crf」 (1〜50) 値が小さいほど高画質
  • 「-aq」 (10〜500、10きざみ)値が大きいほど高音質
  • 「-re」 ソースと同一のフレームレート

最新FFmpeg用設定

最新版のFFmpegはAACのエンコードが出来ないので、音声部分をNeroで処理します。

下準備
 最新版のFFmpegを入手(バージョンはとにかく“最新”のものを)
 入手した「ffmpeg.exe」を「ffmpeg3.exe」にリネームして「cores」フォルダに入れる
 http://www.nero.com/jpn/technologies-aac-codec.htmlからNeroAACコーデックを入手
 解凍して出てくる「win32」フォルダ内にある三つのexeファイルを「cores」フォルダに入れる

 [Item*]
 Title=アスペクト比4:3
 Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -threads 0 -f mp4 -vcodec libx264 -level 30 -coder 0 -pix_fmt yuv420p -s 640x480 -aspect 4:3 -b 4000k -bt 4000k -maxrate 0 -bufsize 0 -rc_init_occupancy 0.9 -crf 12 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -qcomp 0.6 -complexityblur 20 -qblur 0.5 -chromaoffset 0 -partitions parti4x4+partp8x8 -directpred 3 -me_method hex -me_range 16 -subq 6 -trellis 0 -r 30 -g 300 -keyint_min 30 -sc_threshold 40 -bf 0 -b_strategy 0 -bframebias 0 -refs 3 -deblockalpha 0 -deblockbeta 0 -i_qfactor 1.4 -flags loop -flags2 mbtree+bpyramid+wpred+mixed_refs -an "<%TemporaryFile%>_v.mp4""~
 Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -f wav -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 "<%TemporaryFile%>.wav""~
 Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_a.mp4""~
 Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>_v.mp4" -f mp4 -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>_a.mp4" -acodec copy "<%OutputFile%>.mp4""~
 Command4="rm "<%TemporaryFile%>*.*""
 
 [Item*]
 Title=アスペクト比16:9
 Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -threads 0 -f mp4 -vcodec libx264 -level 30 -coder 0 -pix_fmt yuv420p -s 854x480 -aspect 16:9 -b 4000k -bt 4000k -maxrate 0 -bufsize 0 -rc_init_occupancy 0.9 -crf 12 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -qcomp 0.6 -complexityblur 20 -qblur 0.5 -chromaoffset 0 -partitions parti4x4+partp8x8 -directpred 3 -me_method hex -me_range 16 -subq 6 -trellis 0 -r 30 -g 300 -keyint_min 30 -sc_threshold 40 -bf 0 -b_strategy 0 -bframebias 0 -refs 3 -deblockalpha 0 -deblockbeta 0 -i_qfactor 1.4 -flags loop -flags2 mbtree+bpyramid+wpred+mixed_refs -an "<%TemporaryFile%>_v.mp4""~
 Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -f wav -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 "<%TemporaryFile%>.wav""~
 Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_a.mp4""~
 Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>_v.mp4" -f mp4 -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>_a.mp4" -acodec copy "<%OutputFile%>.mp4""~
 Command4="rm "<%TemporaryFile%>*.*""
 
 [Item*]
 Title=アスペクト比4:3→16:9
 Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -threads 0 -f mp4 -vcodec libx264 -level 30 -coder 0 -pix_fmt yuv420p -s 854x640 -croptop 80 cropbottom 80 -aspect 16:9 -b 4000k -bt 4000k -maxrate 0 -bufsize 0 -rc_init_occupancy 0.9 -crf 12 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -qcomp 0.6 -complexityblur 20 -qblur 0.5 -chromaoffset 0 -partitions parti4x4+partp8x8 -directpred 3 -me_method hex -me_range 16 -subq 6 -trellis 0 -r 30 -g 300 -keyint_min 30 -sc_threshold 40 -bf 0 -b_strategy 0 -bframebias 0 -refs 3 -deblockalpha 0 -deblockbeta 0 -i_qfactor 1.4 -flags loop -flags2 mbtree+bpyramid+wpred+mixed_refs -an "<%TemporaryFile%>_v.mp4""~
 Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%InputFile%>" -f wav -vn -acodec pcm_s16le -ac 2 -ar 48000 "<%TemporaryFile%>.wav""~
 Command2=""<%AppPath%>\cores\neroAacEnc" -if "<%TemporaryFile%>.wav" -of "<%TemporaryFile%>_a.mp4""~
 Command3=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg3" -y -i "<%TemporaryFile%>_v.mp4" -f mp4 -vcodec copy -i "<%TemporaryFile%>_a.mp4" -acodec copy "<%OutputFile%>.mp4""~
 Command4="rm "<%TemporaryFile%>*.*""


固定ビットレート設定

  • FFmpegはrev.18607までのものを使用してください
  • [Item*]
    Title=H264 16:9設定 718x404/2Mbps/29.97/44100/128kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 6 -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libx264 -coder 0 -vlevel 30 -bufsize 128 -g 250 -s 718x404 -r 30 -b 2048 -acodec libfaac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

    [Item*]
    Title=H264 4:3設定 640×480/2Mbps/30/44100/128kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 6 -y -re -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -mbd 2 -flags ildct -me_method full -vcodec libx264 -coder 0 -vlevel 30 -bufsize 128 -g 250 -s 640x480 -r 30 -b 2048 -acodec libfaac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

    [Item*]
    Title=H264 汎用設定 720×480/2Mbps/30/44100/128kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 6 -y -re -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -mbd 2 -flags ildct -me_method full -vcodec libx264 -coder 0 -vlevel 30 -bufsize 128 -g 250 -fixaspect -s 720x480 -r 30 -b 2048 -acodec libfaac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 -f mp4 "<%OutputFile%>.mp4""

    [Item*]
    Title=xvid 16:9設定 718x404/2Mbps/29.97/44100/128kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 6 -y -re -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libxvid -mbd 2 -s 718x404 -deinterlace -r 30 -g 210 -sc_threshold -6000 -b 2000 -bt 5000 -qmin 3 -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 80 -vol 256 -title "<%Title%>" -author "" -copyright "" -comment "VGA(720x400) 30FPS" -f 3gp "<%OutputFile%>.3gp""

    [Item*]
    Title=xvid 4:3設定 640x480/2Mbps/29.97/44100/128kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 6 -y -re -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libxvid -mbd 2 -s 640x480 -deinterlace -r 30 -g 210 -sc_threshold -6000 -b 2000 -bt 5000 -qmin 3 -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 80 -vol 256 -title "<%Title%>" -author "" -copyright "" -comment "VGA(640x480) 30FPS" -f 3gp "<%OutputFile%>.3gp""

    [Item*]
    Title=xvid 汎用設定 640x480/2Mbps/29.97/44100/128kbps
    Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -threads 6 -y -re -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec libxvid -mbd 2 -fixaspect -s 720x480 -deinterlace -r 30 -g 210 -sc_threshold -6000 -b 2000 -bt 5000 -qmin 3 -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 80 -vol 256 -title "<%Title%>" -author "" -copyright "" -comment "VGA(640x480) 30FPS" -f 3gp "<%OutputFile%>.3gp""

その他

  • だいたいSH-01A、SH906iあたりと同じ

コメント欄

お名前:
  • ↓続き…数字キーで進めるのは知ってますよね? -- 2012-02-28 (火) 19:32:14
  • おおまかな早送りは、携帯no1〜9のキー -- 2012-02-28 (火) 19:29:53
  • bufsize を 512ぐらいにしてみては? -- 2012-02-28 (火) 18:07:23
  • iモーション再生の早送り速度が2秒ごとのため、目的のシーンまでかなりの時間を要するんですが、早送り時間をもっと長く取る方法はありませんか。(早送り1コマで40秒くらい進んでほしい) -- 2012-02-28 (火) 14:03:12
  • threadsってイマイチよくわからないんですが、Corei5[コア2HTT]の場合って効率を良くするには、どうすればいいのでしょうか? -- Mituru? 2010-08-20 (金) 05:06:14
  • 718×404を16:9って言っちゃってる時点で…359:202だしw正確には720×405が16:9なんだけど奇数だしなぁ…720×406でよくない? -- 2010-07-05 (月) 12:17:21
  • 最新FFmpeg用設定に、前の設定値を参考にして再生出来ると思われる高品質設定を追加しました。実機をお持ちの方、お試し下さい。不具合があるようなら戻します。 -- Mino? 2010-03-08 (月) 12:49:47
  • そのエラーは好ましくないデフォルト設定を使っていることを警告してくれているもの。古いバージョン使って無理やりエラー出さないようにしても、その動画は非常に品質の悪いものになる。
    手っ取り早く解決したいならここ、根本的に見直してみるならここを読んでみて。 -- Mino? 2010-03-08 (月) 12:24:53
  • 最新版より18607版のほうが安定。初心者にオヌヌメ -- nero? 2010-03-08 (月) 07:03:02
  • SH-02Aは? -- 2010-02-21 (日) 14:48:59

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-08 (月) 15:24:01 (3514d)